外国人の友達を作れば英語を教えてもらえる?【熊本英会話サークル】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。マサです。よく「英語を覚えたければ、外国人の友達を作ればいい。わざわざ語学学校など行く必要はない」という人は多いですが、それに対する反証を書きました。

<<<なぜ否定するか>>>

理由1:英語が話せるのと、教えられるのはあくまで別

何事も、能力が高くても教えるのが下手な人もいれば、能力的には低いけど、教えるのが上手い人もいます。餅は餅屋。教えるプロとは雲泥の差があります。

私だって、日本語がわからない人に日本語を教えて欲しいと言われても無理です。
まずどう教えていいかがわかりません。だって人に日本語を教えるためのノウハウがないのですから。

理由2:友達のために、どこまで自分を犠牲にできますか?

私の友人に空手家がいますが、彼に「空手を教えて欲しい」と頼めば快諾してくれるでしょう。
ただし以下の条件付きでです。

1、入会金と月謝と、道着代を用意すること。
2、決まった曜日・時間に道場に来ること。

そこで「友達なんだから無料で教えろ。」と言ったらどうなるか?
飛び後ろ回し蹴りが飛んできます。

もしも、私が外国人の友達に、「日本語検定の試験が近づいてるので2日だけ協力してくれ」と言われたら、喜んで協力はするでしょう。それでも最大で数日程度です。
私だって自分の生活があるのですから。

そもそも、例えば英語初心者がそれを十分に身につけるまでには
以下の条件下で2000時間が必要だと言われています。

①質のよい指導員についてもらう。
②集中して行う。
③脳の機能が少なくとも低くはない。

「外国人の友達を作れば、語学学校へ行く必要がない」という考えは、
「髪を切るのが上手い友人を作れば美容院にいく必要がない」と言っているのと等しい、非常にずうずうしいことなのです。

馬鹿も休み休み言っていただきたい。
いくら友達のためにとはいえ、何時間を自分を犠牲にできますか?

<恩を受けて当然と思うな!>

人は相互協力で社会を形成して生きていますが、何かしらtakeをしたら、giveをしないのは不公平です。
takeばかりでは、取られる側は、単なる都合のいい道具でしかありません。

実際に恩返しができるできないかは別です。
人生を変えてくれるほどの恩を受けても、それに見合うだけの返しができないことだっていくらでもあります。

それでも、なるべく返そうとする努力をすることは必要です。

「おごらせてるだけじゃ そのうち誰もいなくなる」ということです。

<外国人の友達に英語を教えてもらうことも不可能ではない>

上で書きましたが、英語を教えてくれる友人に、それなりの「対価」を払えば、
何十時間ものコーチをしてもらえる可能性は十分にあります。

「対価」は必ずしもお金とは限りません。
英語を覚えたい日本人と、日本語を覚えたい外国人のマッチングサイトなるものもあるようです。
そのように、お互いに教え合う、相互利益の関係を築くことができれば、可能かもしれません。

他にも、何かしらwin-winになるgive&takeがあれば、それでもかまいません。たとえば、料理が得意ならば、レッスン一回ごとに食事を作ってあげるとかでもいいでしょうし、相手のお子さんを託児所代わりに預かるとかでもいいでしょう。

もちろん。冒頭で述べたように、相手の教え方がうまいかどうかなどわかりませんし、あなたの教え方がご友人に受けるかどうかもわかりません。

<外国人の友達を作ること自体は英語力UPに大切>

誤解されないように言いますが、外国人の友達を作ること自体は全く悪いことではありません。
目的が「勉強した成果を、実践で活用するため」でもいいんです。

あくまでも、「相手に負担ばかりかけさせるのがいけない」と言っています。

話は少しそれますが、私がこのサイトで記事を書いているのは、無償ボランティアです。一見、一方通行の奉仕に見えますが、自分が伝えたいことを伝える場所を与えてもらっているという利益があります。

<<まとめ>>

・語学を教えるというのはものすごい負担である。
・外国人と友達になってタダで英語を教わろうなんて甘い!教わりたかったら、それなりの代償を差し出せ!
・相手に負担をかけず、双方にとって利益があるなら、友達はどんどん作るべき。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

次回の英会話サークル開催日

コメントを残す

*

CAPTCHA